定義

【2020最新版】ドローンの自動操縦の仕組みとは?おすすめの自動操縦できるドローンを紹介!

エリカ
エリカ

今のドローンには自動操縦機能が搭載されているのよ。

タクミ
タクミ

え!自動操縦なんてあるんですね!
めちゃくちゃ便利じゃないですか!

エリカ
エリカ

自分で操作しない分、いつもより注意しなければいけないポイントもあるのよ。

自動操縦機能は、陸よりも空の方が早く実用化されています。

航空機は今や大半がオートパイロット機能を備えていますし、もちろんドローンの分野も、墜落防止や、技量の差を埋めるための自動操縦機能は進化し続けているのです。

という事で今回は

  • ドローンの自動操縦機能の仕組みや
  • どのようなドローンに搭載されているのか

この2点を中心に解説していきます。

では確認していきましょう。

ドローン自動操縦の仕組み

ドローンの自動操縦は、「GPS方式」と「トラッキング方式」の2種類に分けられます。

以下で確認していきましょう。

GPS方式

現在、ドローンの自動操縦といえばGPS(Global Positioning System)を使った仕組みが主流です。

軍事用・商用問わず幅広く用いられており、昔ながらの技術でありながら信頼度の高さが伺えます。

GPSでは、主に「ドローンの現在座標」と「目的地の座標」を測位し、飛行ルートの設定を行います。

現在の高性能なドローンでは、カメラの向きや高度まで設定できるようになっており、特殊な知識を持たないユーザーでも利用しやすくなっています。

このGPSを用いたドローンの自動操縦機能は、特に災害時に威力を発揮します。

人的コストを使わず、自動操縦を用いて迅速に災害現場に駆けつけ、現場のマッピングを行えるためです。

トラッキング方式

しかしながら、GPSは「周辺状況を認識できない」という欠点を抱えています。

衛星を利用した位置情報を元に飛行するため、建物や周辺の地形など、細かな情報を拾いきれないのです。

さらに、屋内など電波の届きにくい場所では、そもそもGPS機能を活用できません。

そこで近年商用ドローンに搭載され始めているのが、トラッキング(追尾)機能です。

たとえば、DJIの「Phantom 4」や「Mavic Pro」には、障害物を自動で回避する機能や、位置情報と超音波センサー・イメージセンサーを併用した姿勢制御システムなど、GPSだけに頼らないさまざまな機能が盛り込まれています。

GPSだけに頼らないドローンの自動操縦・自律飛行システムは、進化し続けています。

墜落の危険性をなくし、技量の差が出にくくなる自律飛行の発達は、業界にとっても喜ばしいことでしょう。

それでは、自動操縦機能を備えたドローンを数点、紹介していきます。

自動操縦(自律制御)機能を備えたドローン

数多くある自動操縦機能を持つドローンの中から、今回は代表的なモノとしてDJIのドローンをピックアップしました。

特に優秀なドローンは以下の2機種です。

【DJI】Mavic Pro

Phantom 4に備わっているほとんどの機能を搭載した、折りたたみ可能なコンパクトドローンです。

この機体にはフライトオートノミーシステム(自律飛行制御)と呼ばれる、多様なドローン自動操縦システムが備わっており、その性能は折り紙付きです。

  • 障害物自動回避
  • GPS+各種センサーによるホバリング精度向上
  • 被写体を設定して後ろや横から自動追尾
  • スマホアプリ「DJI GO」の画面上をタップすると、その場所に自動で飛行
  • GPS機能を利用した自動帰還機能
  • 地面からの高さを一定に保つ「地形フォロー」

このようにさまざまな自律飛行制御を備えており、初心者にも非常に扱いやすい機種となっています。

3軸ジンバルを備えているため安定性も高い4K/30fpsの高精度カメラを搭載しており、ドローンの「自動操縦」の醍醐味を味わいたい方におすすめです。

DJIの公式サイトはこちら

【DJI】Spark

ドローン初心者におすすめの各種トラッキング機能を備えたミニドローンです。

299gと非常に小型ながら性能は折り紙付きで、上記の「Mavic Pro」のフライトオートノミーシステムの大半を継承した自動操縦機能付きのドローンとなっています。

2軸ジンバルのフルHDカメラを積んでおり、SNS用途にももってこいです。

まずはこのドローンから自動操縦を楽しんでいくとよいでしょう。

DJIの公式サイトはこちら

まとめ

いかがだったでしょうか。

ドローンの自動操縦を理解できれば、小さな子供でも扱うことができ、ドローンが今後ますます普及されるでしょう。

エリカ
エリカ

現在、ドローンに搭載されている自動操縦は「GPS+センサー」による自律飛行という形態が多いの。
より安定した飛行を可能にするこれらの仕組みは、墜落事故などを極力引き起こさないように、各社が努力と改善を重ねてきた結果であるといえるわね。

これからますます、ドローンは安全に誰でも楽しめるものになっていくでしょう。

興味を持ったらぜひ、自動操縦機能付きのドローンでの空撮にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。