祝ブルーイノベーション賞受賞! 『SHIKISAI – Four Seasons of TOHOKU』ができるまで。佐々木賢一氏受賞記事➀ | DRONE OWNERS ドローンの楽しさを伝えるメディア

祝ブルーイノベーション賞受賞! 『SHIKISAI – Four Seasons of TOHOKU』ができるまで。佐々木賢一氏受賞記事➀

  • 日付2018.04.17
  • 3月23日、幕張メッセでのDrone Movie Contest2018が開催された
  • トライポッドワークス株式会社 CEO兼ドローングラファである佐々木賢一さんがブルーイノベーション賞を受賞
  • 東北の四季を「SHIKISAI – Four Seasons of TOHOKU」を通して感じられる作品となっていた。インタビューでは作品でのこだわり、ドローンに触れたきっかけを聞くことができた。

DRONE OWNERSでもパネラーとして記事を書いてくださっているトライポッドワークス株式会社 CEO兼ドローングラファである佐々木賢一さん。Drone Movie Contest 2018ではブルーイノベーション賞を受賞され審査員の方のコメントでは「普通は冬の景色だと雪の景色が多い中、佐々木さんの作品はライトですとか、明かりが効果的に使われていて冬だけでもこんなにカラフルに表現できるんだなと感じた。」と映像だけでなくストーリー性や技術面も高い評価を得ていた。
今回はその受賞作品ができるまでの経緯と、ドローンに触れるきっかけを直接本人に聞いた。

「SHIKISAI – Four Seasons of TOHOKU」の舞台となったのは故郷である東北

佐々木ロケ地は東北六県全体に及んで30カ所くらい、採用してないのも入れたらもっとありました。そこからピックアップして、季節らしい色合いをストーリーになるように並べていきました。
東北に限っていうと、プライベートでも相当撮っているので自分でも季節ごとで並べられるくらいは撮っていると思います。
地域的に偏りが出てしまうので、今回はインバウンドベンチャーで我々のパートナーでもあるスプラウトジャパンにも素材を提供してもらいました。
今回の作品は少なくとも一年間は通さないと撮れない内容になっているんです。
去年は岩手の猊鼻渓(げいびけい)というところの作品でファイナリストになったんですけど残念ながら賞を頂けなかったんです。その後今年はどうしようかなと考えた時に、ずっと撮っているものをストーリーにできないかなと考えました。改めて自分の撮った東北を見ると色とりどりなんです。雪国ならではで、季節の変わり目のコントラストがすごく激しいんですよ。そういったところを映像で表現する事ができたらと思いました。
あとは人々の暮らしを映したくて、その時期のお祭りだと秋田で開かれる横手雪まつりがあって、見てみるとほっこりするんですよね。
映像にはないのですが、かまくら祭りの次の日には、対照的な「ぼんでん」っていう激しいお祭りがあるんです。
季節ならではの雪国らしい“静と動”。そこに住む人たちの暮らしとかお祭りが季節ごとにあるのが東北の特徴だなと改めて感じています。
それを映像で再現したのが今回の作品なんです。

ドローンのきっかけはカメラ。そしてITのデバイスとして今後の可能性を感じた

佐々木元々カメラが好きだったんです。それが高じて、ドローンに触れたのが一つ目の理由です。
あとはIT企業を経営してるわけですが、IoTのいちデバイスとしてドローンはこれからインフラ点検やそこで自動飛行するようなシステム、その可能性があると感じたことですね。
事業的な興味との両方なんですよ。ITのデバイスとしてのドローンって色んな可能性が広がってますけど、まだマネタイズ出来るようなものではないですよね。自律的かつ自動的に飛行するドローンを事業で活用するにはあと2,3年はかかるかな。
一方で趣味の延長線上に空撮があって、今はそれが本格的な事業になってしまいました。
空撮は構図とかどこをどう映すかが大事なんで、今後も手動でオペレーションする事が多いと多いと思いますが、でもオートパイロットでやれることって逆にあったりするんですよ。
例えば今回の作品では使ってないんですが、たまにやっているのは同じところを旋回しながら、昼から夜に変化する映像ですね。そういうのって手じゃ無理なんですよ、オートパイロットで同じところを飛ぶので、自然と景色が変わっていくんです。時間を変えて同じ軌道で飛ばし、あとで編集してるんですよ。
オートパイロットで空撮テクニックの幅が広がると思いますね。

まとめ

きっかけは趣味のカメラが高じてドローンに触れた佐々木さん。トライポッドワークスのドローンサービスとしても活かし、活動の幅を広げている。
また、最近ではテレビやCM、有名人を起用した観光プロモーションなどへの映像素材の提供の話も非常に多いと言う。
今回の受賞作品やプロモーションムービーに起用されることで、より多くの人に佐々木さんのドローン映像が届けられていくのではないだろうか。

■「SHIKISAI – Four Seasons of TOHOKU」

■佐々木賢一さんDRONEOWNERSブログ記事一覧
https://droneowners.jp/blog/writer/sasaki

■トライポッドワークスのドローンサービス
https://drone.tripodworks.co.jp/

■公式youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC6rYUGDvHOV7A0Sbi_I1ang

最新記事

COLUMNのページでは、ドローンに関する特集記事を4つのジャンル別に掲載しています。INTERVIEWはドローン業界のキーパーソンの方々への連載インタビュー。ドローン空撮や映像編集に関するテクニックをお届けします。REPORTはドローンの新製品発表会やドローン関連イベントの取材。REVIEWはドローンの機体やドローン飛行可能施設(フィールド)の紹介。INFORMATIONはドローンレースやドローン空撮コンテストなどを紹介しています。

SNSでシェア
  • Facebookで教える
  • Twitterで教える
  • LINEで教える
  • はてブで教える