ドローン大学、開講! | DRONE OWNERS ドローンの楽しさを伝えるメディア

ドローン大学、開講!

  • 日付2016.10.06
  • これまでのドローン学校でも操縦技術は学べたけど、事業構想まで学べるのは初めてかも…
  • お台場で屋内練習場を持ち、資格取得はもちろん、ビジネス構想まで学べる「ドローン大学校」が誕生
  • これならドローンで起業ができるかも。ビジネスチャンスをつかみに行く?

お台場にビギナーを対象としたJUIDA認定ドローンプロ養成校「ドローン大学校」が10月2日(日)開校!

JUIDA認定校ドローン大学校

一般社団法人ドローン大学校(東京・台場 理事長 名倉真悟)は東京・お台場にある日本のトップクリエイターが集結する「the SOHO」(http://www.the-soho.com)に屋内練習場を完備し、平日夜に受講のできる新しい形のドローン専門学校「ドローン大学校」を10月2日(日)に開講いたします。ドローンビギナーがJUIDA 操縦技能証明証・安全運航管理者証明証を取得し、ドローンビジネスで活躍するためのプロ養成校であり、ドローンビジネスの事業構想を目指す「ドローンのビジネススクール」となります。

ドローン大学校公式サイト  http://www.dronecollege.ac

ドローン大学校

■   設立に至った背景
米国で元々軍事産業の無人偵察機から始まったドローンですが、映像を撮影しながら空を飛ぶという機能の汎用性が非常に高く、建造物の保守点検、農作物の監視、農薬の散布、人や車両が入っていけない災害の現場をモニターしたりと、業務使用としてすでに活躍しており、またさらなる発展が期待されています。またホビーユースとして個人が空中撮影したり、個人の動画撮影なども増えております。一方、高まる需要と安全運行への懸念から2015年12月の航空法の改定により、操縦士の養成が必須になり、ドローンを飛ばすための申請等、規制により市場の可能性に対する障壁が大きくなりつつあります。そこで一般社団法人ドローン大学校は、ドローン運行上の安全に関わる知識と、高い操縦技術を有する人材の育成を通して、ドローンビジネスの健全な発達に寄与するため、日本UAS産業振興協議会(JUIDA)認定スクールとしてお台場「the SOHO」内にドローン大学校を設立するに至りました。

■   ドローン大学校のコンセプト
「ドローンビジネスの未来は明るい」というマスコミの情報に影響を受け、操縦技能証明証や安全運航管理者証明証を取得しようとドローンスクールを目指す方が劇的に増えています。しかし実際にドローンスクールを修了し、ドローンビジネスに就く方は僅かです。その原因はドローンビジネスの事業構想を創造する学校がないことだと私たちは考えています。一般社団法人ドローン大学校は、操縦技能証明証や安全運航管理者証明証を取得後のドローンビジネスを創造する「ドローンのビジネススクール」です。

■   ドローン大学校の特徴
高まる需要を受けて、全国で40校にまで増えているドローン専門学校ですが、通学に便利な台場エリア、そしてクリエイターが集まる「the SOHO」にて、毎日19:30〜22:00受講時間というビジネスマンも通学できる最高の環境を用意しているのが、このドローン大学校の最大の特徴と言えます。また講師陣には、特別講師として、大手自動車メーカーのCMなどのプロデューサーでもある外国人クリエイターなども招聘し、充実のカリキュラムと豊富な練習設備でドローンの操縦技術と安全運転の知識を確実にマスターいただけます。

今回学校説明会を開催しカリキュラムの詳細説明を行います、また説明会では業界内の著名人をお招きして特別講演を実施いたします。

■   第1回学校説明会(模擬講義)
開催日時 10月2日(日) 17:30受付(17:45開演)~ 20:00終了予定
開催会場 〒135-0064 東京都江東区青海2-7-4-206 ドローン大学校 東京キャンパス
基調講演 著名写真家でありながら、ドローンを使った地形建物スキャンを行うマルチクリエーターでもある方を特任講師とし「ドローンの今日から未来」をテーマに講演いただきます。

ドローン大学校

学校説明 当校理事長より本校設立の想いやカリキュラムの詳細について解説。

模擬講義終了後、スタッフによる個別の相談会も実施。
受講料  無料
受講条件 JUIDA 操縦技能証明証およびJUIDA 安全運航管理者証明証を取得されていない方
申込み  公式ウェブサイト(http://dronecollege.ac)より申込可

■   第2回学校説明会(模擬講義)
開催日時 10月9日(日) 12:30受付(12:45開演)~ 15:00終了予定
開催会場 〒135-0064 東京都江東区青海2-7-4-206 ドローン大学校 東京キャンパス
基調講演 NHK プロフェッショナル 仕事の流儀にも出演した世界で活躍するドローンパイロット・請川博一氏を特任講師とし「ドローンの今日から未来」をテーマに講演いただきます。

ドローン大学校

学校説明 当校理事長より本校設立の想いやカリキュラムの詳細について解説。

模擬講義終了後、スタッフによる個別の相談会も実施。
受講料  無料
受講条件 JUIDA 操縦技能証明証およびJUIDA 安全運航管理者証明証を取得されていない方
申込み  公式ウェブサイト(http://dronecollege.ac)より申込可

 

■   その他のドローン大学校の特徴

 

まったくドローンのことがわからない人のための優しいカリキュラム

一般社団法人 日本UAS産業振興協議会(以下 JUIDA)の発行するテキスト+当校独自のテキストで、ドローンに触れたことがない方を対象としたカリキュラムで、JUIDA 操縦技能証明証とJUIDA 安全運航管理者証明証の2つの資格が同時に取得可能。

 

お台場にある清潔な屋内練習場兼教室だけで資格取得可能

日本のドローンの拠点、お台場にエアコン・照明・コンビニ・トイレを完備した清潔な屋内練習場兼教室を設置。

 

資格取得に必要な費用と教習機(DJI PHANTOM シリーズ)代がオールインワン

入校金9万円(税別)+ 受講料30万円(税別)には、受講料の他にドローン大学校教科書・JUIDA検定試験料・JUIDA入会費・JUIDA初年度年会費・JUIDA証明書交付申請料・教習機(DJI PHANTOMシリーズ)代が含まれる。さらに、検定試験合格から証明書交付までの面倒な手続きも代行。

 

会社帰りに学べる夜7時からの講義、しかも土日祝だけの受講でも資格取得可能

講義は平日も土日祝も毎日19:30〜22:00の夜間に開講。平日だけでも、土日祝だけでも、平日も土日祝も通いたいというスタイルでもOK。さらに仕事の都合で「ドタキャン」という方でも、次回の講義を無料で受講できるシステム。

 

検定試験に合格するまで追加料金なく再受講・再受験可能

各講義ごとに講師が習得レベルを判断し、講師が再受講が必要と判断した受講生の方には各講義の再受講をお願いし、検定についても一度で合格出来なかった場合は再受験をお願いしますが、再受講も再受験も無料で受講できるシステム。

 

屋外実習希望者は他県の施設での屋外実習も可能

検定試験に合格した受講者の中で、屋外実習を希望する方は、屋外実習に参加(参加費別途)可能。2,000フライトを超えるスキルのある講師や、大手カメラメーカーのテストカメラマンなど一流の講師陣による実習指導を行う。

 

資格取得後にプロ養成のための専門分野の講義も準備

ドローン動画撮影・撮影動画編集・ドローン機体製作・フライトプログラミング・3Dプリンターなどの操縦技能講義や安全運航管理者講習では網羅できないコンテンツを、操縦技能証明証・安全運航管理者証明証取得者を対象に、各分野の一流講師により講義(受講料別途)。
■ 学校概要
法人名称 一般社団法人ドローン大学校
教室住所 東京キャンパス 〒135-0064 東京都江東区青海2-7-4-206
電話 03-5464-8336(設立準備室)
Eメール hi@dronecollege.ac
ウェブサイト http://www.dronecollege.ac
代表理事 名倉真悟
理事 岩田直樹・名倉恵子
創業日 2016年8月8日
設立日 2016年9月13日

主な事業 ドローン運航上の安全に関わる知識と、高い操縦技能を有する人材の養成を通して、ドローンビジネス(ドローンを使った商業活動)の健全な発展に寄与するための事業を行う。

 

■   本件に関するお問い合わせ先
一般社団法人ドローン大学校
東京キャンパス 〒135-0064 東京都江東区青海2-7-4-206
電話 03-5464-8336(設立準備室)
Eメール hi@dronecollege.ac
担当者 名倉恵子

 

元記事を読む

元記事を読む

logo

最新記事

COLUMNのページでは、ドローンに関する特集記事を4つのジャンル別に掲載しています。INTERVIEWはドローン業界のキーパーソンの方々への連載インタビュー。ドローン空撮や映像編集に関するテクニックをお届けします。REPORTはドローンの新製品発表会やドローン関連イベントの取材。REVIEWはドローンの機体やドローン飛行可能施設(フィールド)の紹介。INFORMATIONはドローンレースやドローン空撮コンテストなどを紹介しています。

SNSでシェア
  • Facebookで教える
  • Twitterで教える
  • LINEで教える
  • はてブで教える