【ドローン空撮】トライポッドワークスが包括的飛行許可を取得 | DRONE OWNERS ドローンの楽しさを伝えるメディア

【ドローン空撮】トライポッドワークスが包括的飛行許可を取得

  • 日付2016.07.08
  • ドローンサービスに力を入れるトライポッドワークスが日本全国の包括的飛行許可を取得
  • 通常許可がいる人口集中地区や夜間の飛行であっても、即時にドローンを飛ばして撮影が可能
  • 映像撮影も実験も迅速に対応可能。これはドローン利用技術の発展を加速する

トライポッドワークスがドローンに関する日本全国の人口集中地区及び
夜間の飛行許可を国土交通省から取得

~ドローンを活用した映像制作や各種実証験などへの迅速対応が可能に ~

トライポッドワークス株式会社(本社:仙台市青葉区、代表取締役社長:佐々木 賢一「以下トライポッドワークス」)は、国土交通省から無人航空機(以下、ドローン)を人口集中地区(DID)を含む日本全国で、夜間でも飛行させることができる許可を取得しました。
この許可により、ドローンを活用した映像制作、画像処理/映像解析やリモートセンシングなどの各種実証実験を迅速に行うことが可能となりました。

昨今、ドローンの利活用に関する実例、実証実験や研究が進む中、ドローンの飛行に関する様々なリスクに対応するため、昨年12月、航空法が改正されドローンの飛行ルールが定められました。
この法律に基づき、人口集中地区や夜間のドローンの飛行は禁止され、例外的に飛行を行うためには飛行内容、飛行区域や日時、操縦者やその飛行履歴などを国土交通省に届け出た上、国土交通大臣の飛行許可・承認が必要となっています。

この度、トライポッドワークスが国土交通大臣から許可・承認された全国包括的なドローンの飛行は、全国でも限られた事業者にしか発行されておらず、これまでのトライポッドワークスの豊富なドローン飛行の経験や安全な運用が認められたものです。
トライポッドワークスは、プロフェッショナル映像制作業務による高品質なプロモーション動画の提供を行うとともに、ドローン特区である仙台市などとも協力しながら、既存事業で保有する映像解析技術をドローンに搭載し、建築や土木、農業、防災などへの応用を前提とした研究開発を進めています。

【全国包括飛行許可・承認の概要】
・許可承認番号:国空航第2399号、国空航第2553号
・許可の対象 :人口集中地区(DID)の上空(航空法第132条第2号)
・承認の対象 :夜間の飛行および第三者物件から30m未満の飛行
(航空法第132条の2第1号及び第3号)

■トライポッドワークスのドローンWEBサイト
https://drone.tripodworks.co.jp/

■ドローンによる映像制作事例
https://www.youtube.com/watch?v=WmhK-p1tKvo
https://www.youtube.com/watch?v=I4mOO9wWM8U

お問い合わせ先

トライポッドワークス株式会社
曽根(そね)
URL:http://www.tripodworks.co.jp/
Email: info@tripodw.jp
Phone:022-227-5680

元記事を読む

元記事を読む

logo

最新記事

COLUMNのページでは、ドローンに関する特集記事を4つのジャンル別に掲載しています。INTERVIEWはドローン業界のキーパーソンの方々への連載インタビュー。ドローン空撮や映像編集に関するテクニックをお届けします。REPORTはドローンの新製品発表会やドローン関連イベントの取材。REVIEWはドローンの機体やドローン飛行可能施設(フィールド)の紹介。INFORMATIONはドローンレースやドローン空撮コンテストなどを紹介しています。

SNSでシェア
  • Facebookで教える
  • Twitterで教える
  • LINEで教える
  • はてブで教える