ドローンの空撮で5年10年と長期的に売上を上げ、利益を増やし、ビジネスを拡大する。

そんな『ドローングラファ・・・・・・・・』になりたい人は
他にいませんか?

今、このドローン業界の真実を知らないとあなたはきっと後悔します

今から2年前、2人の男がいました。2人とも歳が近く、能力も知識も収入も同じくらい。加えて、共通の趣味もありました。それは、ドローンで動画を撮ること。彼らはよくどちらの機体が優れているか、どちらがより優れた飛行テクニックを持っているか、そして、どちらがたくさんの人に見てもらえる動画を作れるか、たまに会っては、そんな他愛のない話で楽しそうに競い合っていました。

そして、2人とも将来、ドローンを使ったビジネスで「人に感動を与え、それを仕事にすること」を強く望んでいました。

それから2年後、2人は共に歳を取りましたが、相変わらず2人は似ていました。2人とも結婚して、すでに子供がいました。そして相変わらず、ドローンを使ったビジネスに積極的で前向きに取り組んでいました。

しかし彼らには大きな違いもありました。

一人は必死の営業の末、ドローン空撮の仕事をもらえたとしても、そのほとんどが一回限りで、紹介の依頼もたまにあれば良い方。他のビジネスを並行しないと、とても食べていける状態ではありませんでした。

しかし、もう一人は2年前に望んだ成功を手に入れていました。
彼のドローン空撮サービスは他よりも高い依頼料にも関わらず、人気が高く、仕事が途絶えることはありません。収入もその辺の社長に比べて何倍も高く、ビジネスは安定しており、精神的にも満たされていました。そして、彼は次のステージに向けて、毎日、充実感を持って仕事に取り組んでいます。

何がその違いを生んだのでしょうか?

あなたはこれまでに、ビジネスや経済的な成功について、何がこのような違いを生んだのかを考えたことがありますか?それは、生まれ持った才能の違いでも、運の違いでもありません。一方がチャンスに恵まれていて、一方が恵まれなかったからでもありません。

その違いは、2人がどういう知識やスキルを持っていたか、そして、それらをどのように活用したのか、によって生まれるのです。

あなたはこんな悩みを抱えていませんか?

  • スクールに通ってドローンを飛ばす知識は得たが、自分の撮影方法が本当に正しいのかわからない
  • 空撮の仕事を取ることができない
  • ドローンを使って、何をしたいのか途方に暮れている
  • お客様に満足してもらうだけの操縦スキルやテクニックがあるか不安
  • 撮影した映像の編集方法がわからない
  • ただでさえ空撮技術がないのに、練習や現場経験を持つ機会が少ない
  • 撮影場所の許可の取り方がわからない
  • 空撮関係の師匠や仲間が欲しい

もしあなたが、上記の項目に一つでも当てはまるなら、朗報です。これからお話しする内容は、きっと、あなたの人生を劇的に変えるものになるはずです。

ドローンビジネスの成功に必要なもの

あなたは、ただドローンを飛ばして撮影するだけで仕事になると思っていませんか?

すでに現場で活躍しているプロの人たちは、クライアントからの依頼に対して、ただ言われたとおりにドローンを飛ばして撮影しているわけではありません。プロは、クライアントが『何を期待しており、何を望んでいるのか、その先に求めるものは何なのか?』を常に考えています。

撮影前からずっとそのことを考え続け、どうしたらそれを魅力的な動画として伝えることができるのか、撮影中はそれに意識を集中して撮影に挑んでいるのです。そのため、彼らは下準備から現場の下調べ、そして、撮影環境の最適化に至るまで余念がありません。

そうやって、彼らは動画の目的、そして、企画・提案から撮影・編集に至るまで、一連の作業を全て一人で行い、クライアントの期待や望みに応え、そうして、見てもらう人にその撮影したものの本当の価値やそこから伝わる感動を提供しているのです。

私たちは、これができるプロのことを、尊敬の念を込めて「ドローングラファ・・・・・・・・」と呼んでいます。

クライアントは、ただ空中から撮影した動画を求めているわけではありません。その先にある利益を生み出すことが目的なのです。その目的を理解し、プロならばそれを実現しなければなりません。それができなければ、例え操縦テクニックがあったとしても、プロとは呼べません。

そして、そういったことができる人こそが、求められる人材なのです。

ただ、これはドローンスクールなどで教えていることではないので、そのことに全く気付かず、ずっと悩んでいる人たちはたくさんいます。あなたもその1人ではありませんか?

ですが、そうはいっても、ドローンスクールで習ったことは飛ばし方や安全面の知識だけであって、具体的に今後、どうすれば良いのか、わからないのではないでしょうか?

そこで、前項のような悩みはあるが、忙しくて時間があまり取れないあなたの為に、私たちはこんなものをご用意しました。

DRONE OWNERS 倶楽部

発表!!DRONE OWNERS 倶楽部 オンライン講座
『ドローングラファ養成講座基礎編』

このDRONE OWNERS倶楽部は、ソネット・メディア・ネットワークス株式会社が提供する、全く新しい形のサービスです。

自分の為では無く、“人に感動を与える”空撮動画を提供できるドローングラファを養成・支援し、そこに集まる意識の高い人たちが、簡単に意見交換や交流のできる社交場を作りたい。

その想いから作られた会員制のオンラインサービスになります。

そして、その倶楽部の主要コンテンツでもある『オンライン講座 基礎編』を受講することによって、あなたはこんなことができるようになります。

  • どんな動画がコンテストなどで入賞できるのかわかるようになる
  • 撮影に対する操縦と編集技術が向上する
  • クライアントに対して、動画の企画や提案などが行える
  • ビジネスとしての指標を立てやすくなる
  • 魅力的に見せるための動画の要素を体系的に理解できるようになる

このコンテンツは、すでにプロとして活躍されており、コンテストでは好成績を収められ、審査員を務められるほど業界内でも有名人である、株式会社ドローンエモーションの大前氏と田口氏を講師としてお迎えし、ご自身の過去の挫折経験や、お二人のオフラインでのセミナーを受講された生徒の方の悩み相談やアドバイスをされたときの情報を元に、他にはない『体系的でわかりやすく』をコンセプトに作成されました。

動画とテキストを使った効率の良い学習法で
ドローン空撮の基礎知識をあなたの頭にインプット

これはオンラインの講座で、あなたに必要なドローン空撮の基礎知識・スキルを、動画とテキストを通して身に付けていくコースです。動画はダウンロードもできるので、タブレットの中に入れて持ち運ぶなどして、オンライン環境ではない実際の撮影現場などでも、簡単に手元で確認することもできます。

この講座の特徴は大部分が「動画セミナー」になっている、ということです。専用ページにアクセスしてログインすると、それらの動画ファイルを視聴・ダウンロードでき、それを受講することで、ドローングラファとしての空撮技術や編集方法の土台が形成されていきます。

また、復習しやすいように項目ごとに細かく分けているので、自分が学びたい部分を集中して聴いたり、苦手な部分を繰り返し聴いたり、今日は時間がないけど少しだけでも勉強しておきたい、などといった様々な使い方ができるため、とても便利です。

動画は、視覚と聴覚をフルに使った一番効率の良い勉強法で、講義内でもスライドや実際の撮影動画の例を使ってわかりやすく説明しており、短時間に集中して学習ができます。テキストは講義内で使用しているスライドです。こちらもダウンロードできるので、それを印刷するか、もしくはスマホにデータとして保存しておけば、いつでも好きなところで簡単に復習できます。また、実際の撮影現場でも、参考資料と言う形で隣に置いておくこともできます。

これは5週間くらいで修了できるように作られた講座ですが、あなたの生活スタイルに合わせて受講することができます。短期間で一気に進めることもできますし、空いた時間などに少しずつ進めることもできます。

あなたを成功へと導く5Stepコンテンツ

このコンテンツは、以下の5つのStepから構成されています。

Step1座学1 
ドローングラファとは?(1週目)

Step1では、まずはドローン空撮をする者としての重要なマインド(精神)について学びます。 大抵の人が仕事を取れずに悩んでいる理由は、このマインドが間違ったまま仕事の提案をしていたり、請け負ってしまっていることが原因です。ここでは、ドローングラファという全く新しい職業でのビジネスの提案方法や、あなたの作品をより良い作品にするための考え方、そして、その具体的な改善ポイントなどを、実例を参考に解説していきます。

このStep1が終わる頃には、あなたはドローングラファとして正しいマインドを持ち、魅力的で感動を伝える動画というものは何なのかを理解していることでしょう。

このStep1が終わる頃には、あなたはドローングラファとして正しいマインドを持ち、魅力的で感動を伝える動画というものは何なのかを理解していることでしょう。

Step2座学2 
ドローン空撮基礎講座(2週目)

Step2では、カメラの基礎知識や映像の要素といった実技に近い内容について学びます。
ドローンは動画を撮影するものなので、カメラの基礎知識は非常に役立ちます。基礎知識や映像の要素として、シャッタースピードやISO感度、絞り、フィルター設定といったものや、構図、光の方向、カメラの角度、距離など、他にもたくさんの内容を一つ一つ丁寧に細かく解説していきます。

また、安全に対する知識として、撮影に必要な道具や事前のチェック事項、注意すべき事故のパターンなども覚えていきます。さらに、実際のドローンの動作となる7つの基本操作についても解説しており、より実践に近い内容となっています。ここで学んだことは、すぐにあなたの空撮現場で活かすことができるでしょう。

Step2 座学2 ドローン空撮基礎講座(2週目)

Step3座学3 
作品を仕上げる編集プロセス(3週目)

Step3で学ぶのは、主に撮影した動画の編集についての知識です。 ドローンで撮影をしたら、完了ではありません。その撮影した動画から、あなたが見る人に何を伝えたいのかを明確にすることが重要になってきます。その際にポイントを整理したり、良いカットを選定したり、BGMを上手く合わせる技術などが必要になってきます。

ここでは、その上記の編集の内容を、実例を踏まえながら解説していくのと同時に、飽きの来ない構成やストーリーの組み立て方、動画の適切な長さ、カット間、色調補正などを細かく見ていきます。また、完成した動画から、あなたを飛躍的にレベルアップさせる方法についても解説しています。

このStep3が終わるころには、あなたがコンテストにおいて、どういった動画が入賞するのかを理解し、そして、それをあなたが実践することができるようになっているでしょう。

Step3 座学3 作品を仕上げる編集プロセス(3週目)

Step4実技 
ドローン空撮の7つの基本パターン(4週目)

さて、いよいよこのあたりから実践的な内容になってきます。
このStep4では、Step2で学んだドローン空撮の7つの基本操作パターンについて、講師の実演動画を踏まえながら、詳しく解説していきます。撮影の際は、具体的にどういった点に注意すれば良いのか、どういった要素を織り込み、そして、意識して操作すれば良いのか、などを一つ一つの操作や動きについて、わかりやすく丁寧に説明していきます。

この動画は見るだけでも効果はありますが、タブレットなどに入れておき、練習や撮影現場で、何度も見返して復習することで、あなたの空撮テクニックを短期間で確実に伸ばしてくれることでしょう。

Step4 実技 ドローン空撮の7つの基本パターン(4週目)

Step5実践 
ドローングラファの現場に同行する(5週目)

ここでは、これまでに学んできたことをついに実践します。
このStep5では、プロのドローングラファが実際の撮影現場に何を持って行き、どのように撮影をしているのか?を密着取材しました。前日の準備から始まり、撮影当日、現地に着いてから撮影ポイントを確認するまでに注意すること。持ち物についての解説や撮影する際の注意事項、実際に撮影した映像について解説をしていきます。

Step5 実践 ドローングラファの現場に同行する(5週目)

このStep5が終わるころには、あなたはすでにドローン空撮における必要な知識・スキルを十分に身に付け、クライアントやお客様の期待・要望にしっかりと応えることのできる、プロのドローングラファになっていることでしょう。

以上が、全5Stepのコンテンツから構成されるDRONE OWNERS 倶楽部オンライン講座『ドローングラファ養成講座 基礎編』のカリキュラムになります。

『ドローングラファ養成講座 基礎編』
カリキュラム一覧

講座番号 講座名 講師 単元番号 単元名
Step1 ドローングラファとは ⼤前創希 Chapter001 ドローングラファとは
Chapter002 よりよい作品になるための考え⽅
Chapter003 よい作品になるための具体的な改善ポイント1
Chapter004 よい作品になるための具体的な改善ポイント2
Step2 ドローン空撮基礎講座 ⽥⼝厚 Chapter005 カメラの基礎知識
Chapter006 映像の要素
Chapter007 安全の知識
Chapter008 ドローン空撮の基本パターン
Step3 作品を仕上げる編集プロセス ⼤前創希 Chapter009 作品全体のイメージを整理する
Chapter010 作品のストーリーを決める
Chapter011 最終仕上がりを調整する
Chapter012 競い合う
Step4 ドローン空撮の7つの基本パターン ⽥⼝厚 Chapter013 直進・直進+チルト
Chapter014 ⽔平
Chapter015 垂直・垂直+チルトダウン
Chapter016 後進+上昇
Chapter017 斜め直進
Chapter018 ノーズインサークル
Chapter019 ノーズインサークル+垂直
Step5 実践・⼭中城ロケ ⽥⼝厚 Chapter020 ロケハン(事前・地上)
Chapter021 撮影現場荷物チェック・ロケハン(上空)
Chapter022 ⼭中城跡撮影実践

※横にスライドして閲覧して下さい

オススメ本や必読書なども紹介

すでに現場で活躍されているプロの講師によるオススメ本や必読書なども紹介していきます。なので、今後は内容の薄い本を大量に買って読むといった、あなたのお金と貴重な時間を無駄にする必要はありません。重要なものだけ読んでいれば、それだけで、とてつもない知識を得ることができます。

つまり…
この講座が終わる5週間後には、あなたは本当の意味でプロのドローングラファとして、魅力的な提案をしてお客様に利益を生み出したり、感動を伝えたりできる空撮の知識やテクニック、さらには便利なツールも手に入れているということです。

倶楽部を構成する3つのサービス

このDRONE OWNERS倶楽部は、オンライン講座の他、万が一の際の為のドローンの保険制度、会員様同士の交流や情報交換を目的とした非公開コミュニティ(予定)への参加権を含めた、3つのサービスで構成されています。

「1.オンライン講座(基礎編)」「2.ドローン損害賠償」「3.コミュニティ」の説明図

1オンライン講座(基礎編)

  • ドローングラファの⼼構え
  • ドローン空撮基礎講座
  • 作品を仕上げる編集プロセス
  • ドローン空撮の7つの基本パターン
  • 実践・⼭中城ロケ

2ドローン損害賠償

  • 個⼈損害賠償⾦最⼤3億円(国内外保障・⽰談交渉付)
  • 交通傷害補償最⼤400万円(空撮⽬的での移動中の交通事故)

3コミュニティ

  • 非公開コミュニティグループへの参加(予定)
  • オフラインによる実技への参加(オプション)
  • 講師よる空撮コンテンツのレビュー(オプション)

あなたは自分にいくら投資しますか?

さて、この特別な倶楽部への会員費についてですが…

まずは考えてみてください。
ちょっとしたオフラインセミナーの場合でも、2日間の合宿で15~20万円は掛かります。しかし、今回のこの講座の講師の方々は、すでにコンテストや各メディアでの実績も知名度も十分にあり、通常20時間で40万円のセミナーを実際に行われています。つまり、このオンライン講座だけでも、40万円相当の価値があるということです。

DRONE OWNERS倶楽部では通常初年度費用を118,000円(入会金40,000円、年会費78,000円いずれも税別)で提供しています。

これがどれくらいお得かというと、今流行りのオンラインサロンなどの、ドローン好きの人が集まる会に参加するだけでも月額5,400円(税込)はします。年間だと64,800円(税込)です。

また、ドローン保険についても、他社のサービスでは1億円の補償で年間12,000円、5億円で年間19,200円もします。それが、この倶楽部では、参加するだけでサービスとして一緒に受けることができるのです。

これらを比較しただけでも、ざっと50万円以上の価値が得られるサービス内容となっております。

また、かねてからご要望が多かった、銀行振込でのお支払いが可能になりました。
引き続きクレジットカードでのお支払いもお選びいただけます。
この機会に是非ご検討ください。

入会金    40,000円(税別)
初年度費用  78,000円(税別)
==========================
合計     118,000円(税別)

お申し込みは今すぐ↓

DRONE OWNERS 倶楽部に申込む

30日間 100%全額返金保証

そうは申し上げても、本当に自分は変われるのか、講義に付いて行けるのか、と不安に思われる部分はあるでしょう。そこでもし、このサービスを受けていただいても、「まったく身に着かなかった」、「これは使えそうもない」と感じられましたら、どうぞ遠慮なく申し上げください。入会から30日以内であれば費用を全額返金いたします。

ただ、この保証はこちらの真剣な気持ちからさせていただくものです。「途中で飽きそうだけど、試してみるか」とか「ダメなら返金してもらえばいいか」というような軽い気持ちの申し込みは、他の真剣に参加される方のご迷惑になるので、絶対に申し込まないでください。

特にオンライン講座については、すでにモニターの方から受講アンケートをいただいており、評判も良く、内容も自信があるのですが、あなたの価値観に合うかどうかはわかりません。そこで、まずは試して欲しいという想いから、このような特別な「保証」を付けております。

今、あなたの前には2つの道があります

一つは、現状維持の道です。
もちろん、勉強熱心なあなたはドローンやこの業界について、これからも勉強していくでしょう。そして、色々な空撮テクニックを学んでいくと思います。しかし、書籍やYouTubeで学んだ自己流の撮影では、クライアントの期待や要望を満たす動画を提供できるかどうかは正直、難しいかもしれません。

もう一つは、この講座に参加してドローングラファとして活躍していく道です。ドローングラファのように企画・提案から撮影・編集に至るまで一人で行えるようになり、クライアントが本当に求めているもの、望んでいるものを提供できれば、あなたは自然と空撮のプロとして有名になっていくことでしょう。また、困ったり悩んだりしたときは、グループの人たちが相談に乗ってくれます。

想像してください。
その先にあるのは、あなたが本当に望んだ輝かしい未来の生活スタイルです。

参加をするか、しないかは、あなたが決めることができます。
過去の決断が今のあなたを形成してきたのと同じように、ここで行う決断があなたの未来を形成していくことになります。どちらを選ぶかは、あなたの自由です。

もしあなたが、ドローンを使って人に感動を与える動画を撮れるようになりたい、見ている人に動画を通して本当の価値を伝えたい、と本心から思っているなら…この講座に参加してください。この講座を受け終わった後、きっと、あなたは本当の意味での空撮動画が自然と撮れるスキルを身に付けていることでしょう。

お申し込みは今すぐ↓

DRONE OWNERS 倶楽部に申込む

P.S.
全額返金保証が付いているのも忘れないでください。

この講座を全て受講してみて内容に満足ができなかったら、30日以内であれば全額返金をさせていただきます。
※保険を使用した場合は、対象外になります。

体験者の声

モニターになっていただいた方から、講座のご感想をいただいております。

N.K様
【東京都在住】42歳 会社経営者

座学のパートでは、「企画・提案から編集まで」できる人が求められる人材なのだとわかりました。空撮に限らず、クライアントの抽象的な「期待・要求」を具体化するスキルがないと「仕事には結びつかない」ことが理解できました。

また、今まではドローンを飛ばしている間に「良い絵」を見つける、など「行き当たりばったり」で準備にまったく時間を掛けていなかったのですが、ロケハンに時間を掛けることの重要性を改めて感じることができました。

実技のパートでは、自分がいかにデリケートな操作が苦手なのかを痛感しました。7つの撮影技法についても、映像を見ながらの説明はわかりやすく、実際に映像編集も見られたのは大変勉強になりました。今後の自分の撮影に是非、活かしたいと思います。

ありがとうございました。

K.U様
【東京都在住】45歳 会社員

安全⾯に関する基礎知識と基本的な撮影パターンを教えていただけて、とても良いと思いました。

M.O様
【栃木県】43歳 自営業

動画を視聴して、何事も基本が大事なのだと痛感しました。
内容も充実しており大満足です。

【石川県在住】50歳 自営業

『ドローングラファ』という具体的な目標ができました。
また、カメラの基本やドローンの飛行パターン・方法を改めて確認でき、新しい知識として得ることができました。

【群馬県在住】52歳 会社員

賠償保険が入会と同時に付いてくることに、とても魅力を感じました。

T.S様
【東京都在住】29歳 会社員

空撮の基礎を改めて学ぶことが出来たのと、空撮の基本パターンについても、とても役に立ちました。
また、動画も見やすく、オフラインの講座だとどうしても聞き逃してしまうことがたまにあるため、いつでもどこでも視聴できるのはとてもありがたいです。練習方法として使うこともできるので、個人技能のレベルアップに繋がる講座だと思います。

お申し込みは今すぐ↓

DRONE OWNERS 倶楽部に申込む

講師紹介

株式会社 Dron é motion(ドローンエモーション)ドローングラファ 大前 創希 氏
大前 創希 氏 株式会社 Dron é motion(ドローンエモーション)ドローングラファ
Drone Movie Contests 2016 準グランプリ
DJI CAMPインストラクター
2002年に株式会社クリエイティブホープを創業し、戦略面を重視したWebコンサルティング を展開。
2013年より文部科学省認可ビジネス・ブレークスルー大学経営学部 グローバル経営学科 専任教授。
2016年に趣味で撮影した広島県のドローン空撮映像が、「Drone Movie Contests 2016」で準グランプリを受賞したことから、空撮にマーケティングの要素をプラスし、空撮×地方創成を行うドローン空撮会社「株式会社 Dron é motion(ドローンエモーション)」を設立。自らもドローングラファとして活躍する。
株式会社 Dron é motion(ドローンエモーション)代表取締役ドローングラファ 田口 厚 氏
田口 厚 氏 株式会社 Dron é motion(ドローンエモーション)代表取締役ドローングラファ
DJI CAMPインストラクター、 JUIDA認定講師
JUIDA認定スクール「デジタルハリウッドロボティクスアカデミー」主幹講師
JUIDA認定スクール「Trust inc. ドローン操縦士養成スクール」座学講師
1998年〜IT教育関連NPOを⽴上げ、年間60回以上の⼩学校現場における「総合的な学習」の創造的な学習⽀援や、美術館・科学館などにてワークショップを開催。その後Web制作会社勤務を経て中⼩企業のWeb制作・コン サルティングを主事業に独⽴。
2016年5⽉株式会社Dron é motionを設⽴、IT・Web事業のノウハウを生かしながら空撮動画制作・活⽤⽀援を中⼼に、ドローンの活⽤をテーマにした講習などの企画・ドローンスクール講師、Web メディア原稿執筆などを⾏う

株式会社Dron é motion(ドローンエモーション)
講演・メディア実績

⼀般財団法⼈地域活性化センター主催「地域プロモーションセミナー」にて⼤前創希⽒が講演
芸⽂社ドローンレースマガジンVol.1にて「ドローン空撮の世界」カラー6ページで⽥⼝厚⽒を紹介

推薦の声

⻄脇資哲(にしわきもとあき) ⽒
⽇本マイクロソフト株式会社エバンジェリスト・業務執⾏役員

ドローンを活⽤した新しい映像活が注⽬される中、本格的なドローングラファの育成が急務です。
そのためにもドローン操縦、映像撮影、映像加⼯からカット割りまでの編集テクニックを学ぶDRONE OWNERS 倶楽部の役割は⼤変重要です。しかも、この新しい分野で活躍し現場をよく知る講師陣がバックアップということで⽇本のドローン空撮シーンをリードする⼈材が⽣まれること間違いないです。

⻄脇資哲⽒プロフィール ⽇本経済新聞で紹介されたITおよびドローンの「伝道師/エバンジェリスト」。2009年に初めてドローンに出会い、以後、合計28機のドローンを所有し、全国の⾃治体や企業はもちろん⼩学校から⼤学まで幅広いドローンの普及活動を⾏っている。
⻄脇資哲⽒ ⽇本マイクロソフト株式会社エバンジェリスト・業務執⾏役員

お申し込みは今すぐ↓

DRONE OWNERS 倶楽部に申込む